遮音性の高い部屋の活用法

男女

外からの雑音も除ける

防音室は読んで字のごとく、音を外部に漏らさないようにした部屋のことです。ですから基本的には大きな音が出る作業をする際に用います。よく使われるのは楽器の演奏のときです。ピアノでもギターでもサックスでも、練習のためにはおおきな音を出さなければならず、普通の部屋では近所迷惑になります。しかし防音室の中ならば音漏れを気にする必要はありません。また外部から音が入り込むこともありません。もちろん自分の好きな時間に演奏できます。したがって、防音室を設ければいつでも雑音を気にせず集中できる環境を手に入れられます。音楽以外の活用法も考えられます。たとえばホームシアターとして用いることです。遮音性が高いということは専用のスタジオに近い音の環境といえます。そのため防音室内にシアターを設置して映画などを楽しめば、臨場感を感じられることでしょう。当然、音を大音量で流しても他人に迷惑になりません。集中して映画を楽しめる環境を作り出せます。また、勉強に使うのも良いでしょう。ノイズのない部屋ならば勉強もはかどります。ついつい誘惑されがちなゲーム、テレビ、スマホといったアイテムを防音室に置かなければ、完全に勉強専用の部屋として使えます。図書館並みに静かな環境を整備できます。仕事や課題制作に使ってもよいでしょう。防音室は外部との音のやり取りを遮断すべき状況、とにかく集中したい状況に有用ということになります。無論ここで紹介した以外の活用法もあると思われます。

最も防音が難しい楽器

作業員

ドラムは音が大きく響きやすいため、防音工事をしないと自宅での練習はほぼ不可能です。防音工事をするには、価格で検討するのではなく、性能で検討するようにしなければなりません。コンセプトをしっかりと詰めてから依頼するのも重要です。

賃貸でも工事できる

ウーマン

賃貸で隣人の騒音に悩まされている方は、まずは業者に相談してみましょう。賃貸でも小規模な工事にって騒音対策を行ってくれます。効果的に騒音を防ぐことができるので、毎日の騒音から解放された生活を送ることができます。

音が外に漏れない部屋

婦人

防音工事の仕組みは音を吸収、あるいは遮断ができる壁で部屋を囲むというものになっています。柔らかく安い材料でも防音は可能ですが、耐久性がないとすぐに穴が開いてしまい、防音性能が著しく落ちるので注意が必要です。仕組みを理解し、適切な工事を行いましょう。